ブログトップ
遠刈田温泉共同湯 壽の湯 ~宮城県蔵王町~
開湯400年の歴史ある温泉、遠刈田温泉。
蔵王をはさんで山形側は、蔵王温泉・上山温泉といった名湯が。
そして宮城側は、この遠刈田温泉、青根温泉、峨々温泉、
ちょっと離れて秋保温泉といった温泉がある。

壽の湯は遠刈田温泉の温泉街の中心に位置する共同湯。
c0055515_0524365.jpg

ここの温泉の共同湯は、もう一つ
公衆浴場=銭湯チックのがすぐ近くにあったのだが、
木造のこちらのほうが、よさげな雰囲気を発していて、
なんだか呼び込まれているように錯覚し、
強烈に心惹かれてしまった。
ということで、こちらに。

入浴料は大人一人250円。
建物はそんなに古くはないらしく、中はけっこう綺麗。
やはり木の建物の雰囲気は非常によいなぁ・・・。

広めの脱衣所の奥には長方形の内湯が。
天井が男女でつながっていて木の仕切りがあるタイプ。
木造の共同湯ではよくある造りのものだ。
浴槽は黒光りした石造りで思いのほか広め。
奥行きは10mほどはあろうかというもの。
それなりに混んで来ても大丈夫な感じだ。

朝早くの入浴だったので、先客は一人だけだったので、
広々と湯につかることができた。

ここの共同湯は、綺麗なカランもついていて、
近代的。快適。共同湯ではかなりレベルが高いとても良い施設だ。

黄土色っぽくにごった湯を湛えた浴槽は、
浅くもなく深くもなくちょうど良い深さで快適。
ちょっと湯は熱め。
新鮮な温泉が湯口から勢いよく注がれ、
湯は掛け流しであふれている状態。
さっぱりした肌触りで、ややキシキシする感じを受けた。

熱くて長湯は出来ず、のんび~りとはいかなかったが、
とても良いお風呂・温泉だった。
また遠刈田温泉に来たら是非立ち寄りたいなァ。

ちなみに夕方~夜、前を通ったら
地元の人の利用が多そうで、混んでるようだった。






 PH7程度の中性泉。源泉温度は65.7度。
現泉質名でいくと、ナトリウムカルシウム-硫酸・塩化物泉だった。
細かい成分総計は忘れてしまったがおそらく1500mgほどだったはず。
混合泉だった。やや黄土色っぽいにごり湯で、舐めると鉄っぽいよくある味。
臭いはない。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-06-22 23:46 | ★温泉のページ