ブログトップ
草津温泉 ~地蔵の湯 今も時間湯の残る共同湯~
地蔵の湯がある場所は、
草津温泉の中ではけっこう分かりにくいのかもしれない。
地蔵源泉・・・というと、草津の源泉の中では、
「白旗」か「地蔵」かというくらい、
特に効能があると言われている。
c0055515_0301940.jpg


以前冬に訪れたとき、あまりに混んでて、
入ろうかどうしようか迷っていたときに
近くで雪かきをしていた地元の人が、
「白旗とここが一番いいから入ってきな」と言っていたのが強く印象に残っていた。

このときは結局入らずじまいだったが、
そのときから、ずっと、行きたい、と思っていた。


いわゆる草津の湯畑にくらべると
小さい地蔵源泉の湯畑のすぐ隣に共同湯はある。
c0055515_03055100.jpg
                 地蔵源泉の湯畑 ⇒

ココはホントいつも混んでいる。
今回は平日の昼間ということで先客が3名。
一名があがるのを見計らって入る。

4人以上は一緒に入りたくないな~・・・
と思うサイズの湯船には
となりの源泉からの湯がとうとうと注がれている。

白く白濁した湯はちょっと熱め。
44度くらいありそうな感じだ。

でも万代鉱とかにある湯そのもののピリピリ感はない。
どちらかと言うとまろやかな感じ。

しばらく湯に浸かる。

とても気持ちがいい。
なんだか不思議な感じだ。
ただ、注がれている湯量が多く、
湯船の中は熱めなので長湯は出来ない
(それに、多分長く浸かりすぎると湯あたりしそう)。

強酸性の草津の中では比較的まろやかに感じた。
他がダメな人も入れそうな感じだ。
ちなみに上がった後はかなりぽかぽか感が持続。
この湯のパワーを実感した。

c0055515_1638142.jpgこの源泉に非常に興味が出たので、
次は宿でこの源泉を引いているところに行ってみたいなーと思った。

★これは昨年の6月に訪れた際のインプレです。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-06-02 00:34 | ★温泉のページ