ブログトップ
中山平温泉仙庄館 鳴子温泉郷の実力派 ~宮城鳴子町~
c0055515_17423450.jpg中山平温泉と聞いて、
どこにあるのか?どんな温泉なのか?ぜんぜん分からんかった。

実は鳴子温泉郷のひとつで、
仙台からやってくると一番奥に位置しているのが中山平温泉なのだ。

最近では、一部の宿のうなぎ湯なるものがとっても有名になったらしく、
自分もこれで中山平温泉の情報を掴んだ次第。

中山平温泉は、鳴子温泉から国道を新庄方面に5分ほど進むと、国道沿いに・・・
というよりは国道より川沿いに下っていったところに宿が点在するといった温泉だ。


c0055515_22175230.jpgその中で今回行ってみたのは、
さるホームページの情報で、
「全国レベル」とあった「仙庄館」。

もちろん、評判のうなぎ湯も
体感してみたかったけど、
どうもかなり混んでるらしい気配が
予見されたため、全国レベルに期待。



鳴子温泉郷全体が湯めぐり手形・・・といったような形で日帰り入浴を推奨していることもあり、
この辺りの宿は大体日帰り入浴を受け付けてくれている。とてもありがたい。

ということで仙庄館は大人一人800円。結構大きな宿だ。

c0055515_22182794.jpg
きれいな印象の玄関からお風呂のある2階へ。
露天と内湯は別々。
どうやら露天は貸しきり露天ともども
あとから作られたらしい。

内湯はけっこう広い。
近代的なつくり。目の前は川というロケーションだ。
行った当初は人がいたが
しばらくすると貸切に。
もうめっちゃ気分いいもんねー。

c0055515_22184536.jpg

お湯はグリーン。
そして白いゴミ系湯の花が浮きまくりだ。
湯はどんどん浴槽に注がれ
そして掛け流されている。
なんだかとてもうれしくなった。

浴槽の湯は若干熱めだ。

若干硫黄のにおいのする湯は、
入ったときはそうでもないんだが、
しばらくすると肌がつるつるしてくる。

何度も出たり入ったりしているうちに
顔や腕がすべすべ、そしてしっとりしてきた。
(もちろん顔には温泉ジャンキーのお約束、
温泉浸しタオルをじゅ・・っと押し付けまくり)

c0055515_221933.jpg
それにしても、とても温まる湯だ。
ココの湯は個人的にとっても当たりだった。



ちなみに内湯で長居しすぎ、
鳴子・そしてココとハシゴをしたことにより
力を使い果たしたため、
露天は見ただけで満足した。


c0055515_22192526.jpg

露天は目の前の川に面していて、
眺望はよさそうだった。
ただ、源泉は同じとあったが
湯の色が透明だったんで、もしかしたら
若干薄いのかな???(湯花はあったけど)

ということで、全国レベル・・との期待に違わぬ湯でした。。。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-05-05 21:59 | ★温泉のページ