ブログトップ
大塩温泉共同浴場   ~福島県金山町~
c0055515_2117588.jpg

国道252号から50mほど細い道を下ったところ。
集会場みたいな建物が大塩温泉の共同湯でした。
眼下には只見川が流れる、断崖絶壁ともいえる場所に位置しています。


c0055515_21181599.jpg
c0055515_2118278.jpg

入り口すぐの下に向かって伸びる階段。
これが源泉へと続く階段かと思うとこころが自然と踊ります。
浴舎の外では、源泉が湧くときの音?なのか。
「ボコッ、ボコッ」
と、ときめく音が聞こえてきます。


c0055515_21191330.jpg

階段を降りきったところ、左手側が男湯。
脱衣所仕切りのカーテンを開けると、右手に浴室、左手に脱衣スペース。
あけっぴろげな感じでちょっと驚かされます。

高い天井の浴室には2m四方くらいの四角い浴槽。
床は赤茶の析出物で染まり、湯はやや緑がかったにごり湯。

40度を切るくらいの温めの湯は、
ギチギチの浴感で、入りやすくて長湯ができます。
しばらくするとじんわり汗が出始め、
こうなったら自分の場合、あがっとかないと大変なことになります。

湯上りはぽかぽか。
肌寒いくらいの陽気でもそうなので、夏場はもっと大変なことになるでしょう。

古くからの温泉らしく、満を持して湧き出た角の取れたやわらかい印象の湯で、
大地の恵みを感じられる、素朴な共同湯でした。
[PR]
by eratomoeratomo | 2011-10-10 21:19 |  ■北海道・東北の温泉