ブログトップ
松代温泉 寿楽苑   ~長野県長野市~
c0055515_239716.jpg
松代温泉に行ったのは数年ぶり。
気がついたらずいぶん久しぶりの訪問となっていた。
前回がいつだったのかよく思い出せないくらい・・・


上信越道の長野インターからすぐという立地の松代温泉には、
三軒の温泉施設が集まっている(といっても正確には一軒は加賀井温泉)。
その中の一軒国民宿舎の松代荘は、いつ行ってもかなりの人気で、この日もかなりの賑わい。


一方で一番奥となる寿楽苑は、ひっそりとした雰囲気。鄙び~の温泉旅館。
すぐとなりの加賀井温泉には、かつての訪問で苦い思い出があったんで、
今回はこちらに訪問することにしました。


c0055515_2392849.jpg
c0055515_2393792.jpg

350円とお安い入浴料を支払い、
昔懐かしい卓球台の前が男女別の浴室。

c0055515_2395237.jpg

脱衣所の奥に、沸かし湯の内湯があり、その奥がお目当ての温泉浴槽。
透明のトタン屋根のその浴室は、外光がよく入り露天風呂風。


c0055515_2310731.jpg
c0055515_23102235.jpg

L字型の割と広めの浴槽には、オレンジ色の湯。
一部は析出物で白い幕のようなものが浮いていて、浴槽の縁は例のごとく
ものすごい析出物。本来の浴槽はまったくその様子がうかがえないほどでした。
浴槽入り口近くには塩ビパイプ?と思しき湯口が。
湯口からは透明の湯がドバドバ勢い良く浴槽へと注がれます。
それにしてもここにもこれまた析出物がびっしり。
この様子だとかなりメンテナンスは大変そう・・・なんて妙な心配をしてしまいます。


塩気と金気の強い温泉は、浴槽では40度を切るくらい。
真冬に入るには「少し寒いかな・・?」と最初は感じたものの、
じっくり入っていると地味に汗がでてくる温まりの湯。
湯に浸かっているそばから、湯面に白い析出物が出来てきたり消えたりと、
温泉の動きが実感できます。
⇒なお、この白い析出物、塩分だそうで、冷めると薄氷が張ったようになり、
 浴槽内排水口等で凝固すると石ほどの硬さになる取り扱いの難しい厄介な温泉だとのこと。

やはり松代温泉はパワーのある温泉でした。





松代林温泉 寿楽苑

住所:長野県長野市松代町東条15

TEL:(026)278-2644

公式HP:なさそう

350円

訪問:2010.01


■松代温泉 松代一号泉
泉質:含鉄(Ⅱ)-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(中世高張性温泉)
源泉温度は38.8度。PHは6.4。
成分総計は14480mg。湧出量は不明(掘削自噴)。
知覚試験「ほとんど無色透明、塩味・炭酸味・鉄味を有す」
⇒もちろんかけ流し
[PR]
by eratomoeratomo | 2010-01-13 23:10 | ★温泉のページ