ブログトップ
伊豆長岡温泉 南山荘  ~静岡県伊豆の国市~
c0055515_0365277.jpg


すっかり市町村合併で、かつての地理の知識?が役に立たなくなっちまいました。
とぼやくほど、知っているわけでもないんですが、伊豆の国市、と聞いて
伊豆長岡がピンとくるまでには、まだなってません。


c0055515_0371294.jpg
c0055515_0372095.jpg


「台風がやって来ている」
そんな週末に、かつての高級旅館、南山荘を訪問しました。
日帰り料金500円は、この近辺では比較的お安いお値段。
入り口入って右手側の通路を奥へ奥へと進みます。

c0055515_0373679.jpg


少し色あせた赤いカーペットの敷かれた廊下。この旅館がかなりの年月を経てきたことをうかがわせます。

c0055515_0375083.jpg

廊下は階段になりさらに奥へと進んでます。途中、左手に露天風呂へと続く分岐が。

c0055515_0382522.jpg


庭園の真ん中を突っ切る形の渡り廊下。
左手の斜面には、客室が点在していて、独特の風情ある佇まいです。

c0055515_0385513.jpg


ただ、この日は露天風呂は雨天のため利用中止。いい雰囲気なだけに余計に残念・・・
台風の影響はこんなところにまで。そして男女入れ替え使用の「富士見の湯」までが女性専用時間。
「くそっ、台風のヤツメ」



c0055515_039966.jpg
c0055515_0392588.jpg


ということで、この日野郎が利用できるのは、昔ながらの内湯、「石の湯」です。


c0055515_039409.jpg

石の湯は文字通り石組みの浴槽一つのシンプルな浴室。

でも、そこを満たす無色透明の特ににおいもない、一見何の変哲もない湯は、
凛とした緊張感というか、とにかく「ピシ」っとした何ていうんだろう、
張りのある湯で、とにかく良く温まる。
この日は台風の影響の雨が降り続く一日。気温も8月のクセにけっこうな涼しさ。
にも関わらず、上がってロビーで休んでる間も、
宿を出て、クーラーをガンガンにきかせた車内でも、
「俺のことを忘れるなよ」とでも言うかのように、その余韻が残ったものでした。
こりゃ、冬の寒い日に入ったら一級品か?
老舗旅館にその湯は健在でした。






■伊豆長岡温泉 南山荘

住所:静岡県伊豆の国市長岡1056

TEL:055-948-0601

公式HP:http://www.nanzanso.jp/

営業時間:12時~17時 500円

訪問:2009.08


■伊豆長岡温泉 混合泉
泉質:アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)
源泉温度は59.9度(第一貯湯槽)。62,3度(第二貯湯槽)。PHは9.0(第一第二とも)。
成分総計は595mg(第一)。610mg(第二)。 湧出量は不明
知覚試験は「ほとんど無色透明、無味、無臭、ガス発生なし」。
[PR]
by eratomoeratomo | 2009-09-07 00:40 | ★温泉のページ