ブログトップ
フランスの最も美しい村リクヴィール(Riquewihr)②     フランス旅行記08
c0055515_2345116.jpg
c0055515_23452722.jpg


お昼も過ぎたので、この日はコチラのサロン・ド・テで昼ごはん。
お客さんで一杯のかわいらしい(最近コレばっか)店内ですが、
店のお姉さんの案内で、最後の一席にありつくことができました。
このお姉さんが、テレビで見たことあるかのようにキレイなお姉さん。
内心どぎまぎしちまったよ。

それはさておき、とりあえずアルコールで暖を取り。。。
ごはんとしてキッシュとサラダを注文。
お姉さんも、一生懸命うちらのたどたどしい英語を聞く努力をしてくれました。とてもいい人。

c0055515_23454889.jpg
c0055515_23461152.jpg


ほどなく運ばれたビールで一杯しつつ食べたごはんは、
「んーうまいっ」
なんの根拠もなく、ふらっと入った店が当たりだと、非常にテンションがあがります。



c0055515_23542259.jpg
c0055515_23553696.jpg
c0055515_23543623.jpg
c0055515_235559.jpg


無事腹ごしらえを済ますと、
来るときに帰りのバスについて、不安を残してたんで、
状況を確認するため、リクヴィールの村のインフォへ。
ちょうど昼休み中で施錠されていたインフォは、係りの女性が戻ってきたタイミングで、
鍵を開けてもらって中に入れてもらいました。

その女性に早速、帰りのバスのことを聞くと・・・
①バス停はどこになるかは現場の係員に聞いて
②15時と17時にあるコルマール行きのバスは、今日は運休よ
なんだか進んだんだかわからん結果に。

「えーマジッすか?」

c0055515_23525010.jpg

↑バスのチケットと時刻表。×が書いてあるのは、インフォの女性によるダメ出し。

となると、その次のコルマール行きのバスは18時40分。。。
この日、コルマールに帰ってクリスマス市を見ようと企んでたのに・・・
てか、一番確認したかったバス停のことは結局分からず。
インフォがそれ把握してないのはどうかと思うんだけどねぇ。
まぁとりあえずまた、来るとき降りたところまで行かなきゃならないっぽいことは分かるけど・・・


「そんじゃ、まだ時間はたっぷりあるから、体でも温めるかな」

c0055515_23464837.jpg


村の入り口まで戻り、そこの脇のクリスマス市の中で、
フランスのホットワイン(ヴァンショーという)を飲みつつ一休み。
これがまた冷えた体には浸み渡ります。
このとき時間はまだ14時過ぎ。
18時のバスまでは大分あります。


・・・とそのとき。


ぶろろろろぉ

1台のどっかで見たようなバスが。
村の入り口を通り過ぎていきます。

「あれ?」
「バスってこっちに入ってこれないんじゃ・・・?」

あわてて村の入り口に立ってた警備員に聞いてみると、彼はあまり英語は分からん様子。
しかし、とりあえず「今のは隣の村、リポーヴィレまで行くバスである」ということと
「また戻ってくるよ」ということが判明。
どうやら14時38分にリクヴィールを出るバスだった模様。

「あのバスがまた戻ってくるの?」
「そうだ」
「運休じゃないの?」
「違うと思う」
「バス停はあそこでOK?」
「そうだ」

彼とはそんな会話をしたはずで、
「ヘンなことを聞くやつだ」と彼も不安を覚えたらしく、
周りにいた仲間に聞いてくれ、どうやら間違いなさそうだった。
ん~とりあえず何が正しいのか、さっぱり分からなくなったけど、
○目の前をバスが通ったこと、
○本来のバス停はここ、村の入り口に在ること、
○どうもインフォの情報が適当っぽい気がすること、
以上より、次の15時25分のコルマール行きのバスを、ここのバス停で待つことにした。
「来なかったらそんときゃそんときだ」


時間までリクヴィールの村の中をぶらぶら散策。
この村にはもう少しのんびりと、人のいない時期に来てみたいな。
そんな宿題が一つ増えることとなりました。


さて、時間です。
バス停で待ってると、さっきの警備員の彼が、
「バス停はこっちだよ」
と反対に立ってたうちらのとこまで来てわざわざ教えてくれました。
あぁなんていい人なんだ。リクヴィールにはいい人が一杯です。
インフォは適当っぽいけど。

そして、時間を過ぎて不安がよぎり始めた頃、
あの見慣れたバスがやってきたのでした。

「これでコルマールに、戻れる・・・・」


さようならリクヴィール。また会う日まで。






c0055515_23562546.jpg
c0055515_23563486.jpg
c0055515_23564634.jpg
c0055515_23565781.jpg

村のメインストリートの奥にある時計塔。ココに向けて緩やかな上り坂になってます。

c0055515_23573915.jpg
c0055515_2357477.jpg
c0055515_23575687.jpg
c0055515_23583343.jpg

フランス版子連れ狼??押すのではなく引いてましたが。男の子ではなく女の子でしたが。

c0055515_001798.jpg

まさかここでこの車に会うなんて・・・

c0055515_005622.jpg
c0055515_021182.jpg

[PR]
by eratomoeratomo | 2009-08-27 00:02 | ★海の向こうへ