ブログトップ
万座温泉 万座温泉ホテル日進館 つづき ~群馬県嬬恋村~
c0055515_052181.jpg


かつての木造浴舎がなくなって・・・



このホテルの夕食は、昨年末よりバイキング形式に変更になったとのこと。
「まごわやさしい」というコンセプトを謳っていることもあり、
少しの期待を持って行ったのですが、
自分の求めていたものとは合致しませんでした。
どの部屋に泊まっていても、多分バイキングは一緒のようだったので、
どうなんでしょう。
自分は一番安いゆけむり館で、かつさらに安い値段で泊まってたんで、
なんも言いませんが。お値段の高い湯房とかだったらどうだったんかな~と。
空になってるモノが、いつまでも放置されるのはどうかと。

c0055515_055052.jpg
c0055515_06423.jpg


気を取り直して、湯房の奥にできた
新しい浴舎、「万天の湯」に行ってみました。
ココは日帰り客は利用できないところですが、
コンスタントに宿泊客が利用しているような印象。

「やっぱ綺麗だからかなぁ。」

なんて思いつつ中に入ると、仕切りのあるコンパクトな洗い場の奥に、
ガラス張りの眺望の良い浴室。良く出来た浴室だと思います。
ここの浴室だけは、スリッパが誰のものか、
付箋に書いてはれるようになってました。

c0055515_062983.jpg


と、いうことで、新しい万天の湯にしばし浸かった後は、
やっぱりココでしょう。
長寿の湯。
今や万座温泉ホテルのメイン浴室でしょう。

ここに苦湯、姥湯、滝湯、真湯(これだけ温泉でない、肌の弱い人向けの湯)、
そして露天風呂といった湯が勢揃い。
特に姥湯は源泉100%。
刺激は強めですが、ここが一番の湯。
小さめの浴槽なので、他の人は敬遠するのか、ほぼ貸切。
それほど熱くない湯にじっくり浸かって、立ち上る酸っぱいタマゴ臭につつまれ、
結露する窓越しの景色を眺め、じんわりとあったまっていると、時間を忘れます。
やっぱり万座の湯はすばらしい。


やや入り過ぎか!?
というタイミングの体には、ゆけむり館の部屋までの道のりが、少々しんどいですが、
やっぱ湯上りは心地よいモンです。


c0055515_064910.jpg


で、実は今回はかつて
露天風呂の極楽湯のさらに下にあったはずの、
ラジウム北光泉と鉄泉には入りそびれました。
正確にはそれが単独で入れた浴舎といったほうがいいのかな?

ある意味一番楽しみにしていた
その旧の日進館からつながっていた木造のしぶ~い浴舎は、
数年前の大雨による土砂崩れで、崩壊してしまったそうで、なくなってしまったとのこと。
残念な限りです。
再建されることを願いたいところですが、どうもそのような雰囲気は感じられませんでした。

多分次は日帰りでしょうが、
長寿の湯の雰囲気は守っていって欲しいものです。







c0055515_07940.jpg
c0055515_07183.jpg
c0055515_072861.jpg
c0055515_074566.jpg
c0055515_075427.jpg
c0055515_08335.jpg
c0055515_081626.jpg

万天の湯はけっこうな遠さです。
ま、長寿の湯で充分なんで、行かなくてもいいんですが。
ただ、今はなき川沿いの木造浴舎があれば、ゆけむり館は一番近くに位置することになります。
やはり湯治の人向けの浴舎だったのでしょう。

現状風呂が遠いことについて、
安いのだから仕方がないと思うし、特段何もないですが、
湯治という言葉を使うのであれば、コンセプトを(湯治かただ安いか)いずれにするのか、
はっきりさせた方がいいような気がしました。
湯治向け、というにはあの距離はしんどいような気がし、安易に使わないほうが良心的だと思います。
かつては湯治の人向けの浴舎が存在していたのだから。。。

個人的には再建されるとうれしいなぁ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2009-06-18 00:18 | ★温泉のページ