ブログトップ
東京発熊本終着地獄行き⑦ 地獄温泉清風荘飯の巻      ~熊本県南阿蘇村~
c0055515_1522486.jpg


風呂三昧の後は、ご飯のお時間です。


今回は1000円をプラスしてその名も”地獄鍋コース”を選択。
通常コースに鹿肉や鴨肉が加わり、
まぁ山の幸のいろんなものを鉄板でオイル焼きするコースです。
山の宿は山のものを、というスタンスは大好きです。

食事処曲水庵でいただきます。
天井の高いこの食事処は、建物の中に水路があるのが特徴。
夕飯では関係なしでしたが、朝飯でその役割を遺憾なく発揮することに。


c0055515_1525375.jpg
c0055515_1531052.jpg

こちらはちょっと変わった鉄板?

周りの丸い部分で鹿肉やら鴨肉、そして野菜などなどを焼きつつ、
真ん中では味噌煮込みいのしし鍋が出来上がってくるというお料理。
この斜めになった鉄板のため、
うまい具合に肉の脂が滑り落ちてきて、それがまた良し。

山の幸をシンプルな味わいで食べつくす。
酒が進むシチュエーションですな。
とはいうものの、風呂に備えてほどほどにしないと。

c0055515_155784.jpg
c0055515_15214092.jpg


御飯やお味噌汁という基本料理も手抜かりなし。
山の幸!幸!幸!と料理も◎でした。
ちなみにココの御宿。
デザートと珈琲は、部屋出しでした。



c0055515_15183629.jpg
c0055515_15185285.jpg
c0055515_15192682.jpg

続いて朝ごはん。
昨日とは反対側の囲炉裏に。
日の入った囲炉裏の上に網が載せてあり、その上に各人用のミニ鉄板が。
ここにバイキング形式の素材置き場からめいめい焼きたい素材をとってくることに。
この他、囲炉裏脇の水路には、桶にのった食材がどんぶらこどんぶらことやってくる。
いやーこれは面白い。

夜とはまた違った趣向で、
朝からお腹いっぱいまで食べてしまったのでした。
[PR]
by eratomoeratomo | 2009-02-14 15:20 | ★温泉のページ