「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
北海道温泉行脚 ~08~ 旭岳温泉 湧駒荘(その3)
c0055515_16022169.jpg
翌朝、旭岳温泉の周りはかなり冷え込んだ模様。
起床後、ちょっくら散歩に出ると、いやー寒い寒い。
一面びっしりと真っ白な霜に覆われていた。。。



起床後散歩し、冷えた体を神々の湯で再保温する~
[PR]
# by eratomoeratomo | 2015-05-12 07:13 |  ■北海道・東北の温泉
北海道温泉行脚 ~08~ 旭岳温泉 湧駒荘(その2)
c0055515_15462379.jpg
ユコマンの湯を堪能したあとは、腹を満たさねば。
食事を食らい、一杯呑んだあとは、酔い覚ましとばかりシコロの湯へ。。。
※良い子は呑んだら覚ましてから入りましょう。




夕飯とシコロの湯~。
[PR]
# by eratomoeratomo | 2015-05-11 07:30 |  ■北海道・東北の温泉
北海道温泉行脚 ~08~ 旭岳温泉 湧駒荘(その1)
c0055515_15161962.jpg
鹿の子温泉のある置戸町からは、石北峠~層雲峡を越え
大雪山をぐるりと回りこんでこの日のお宿、旭岳温泉へ向かった。

層雲峡はすっかり木々の葉も落ち、冬の装い。
旭岳近辺も同様で、かなりの冷え込み。
でもそれはむしろ温泉に浸かるには条件がそろったということで。




旭岳温泉湧駒荘のユコマンの湯~
[PR]
# by eratomoeratomo | 2015-05-10 07:18 |  ■北海道・東北の温泉
北海道温泉行脚 ~07~ 鹿の子温泉 いで湯の里鹿の子荘
c0055515_14515379.jpg
屈斜路湖を後にして、一路進路を北に採った。
そうして、美幌峠を越えて置戸町に入り、やってきたのが鹿の子温泉、鹿の子荘。
このひなびた一軒宿には、それこそ何年ぶりかの再訪となったのだった。



久しぶりの鹿の子荘のツルスベ温泉に浸かる!!
[PR]
# by eratomoeratomo | 2015-05-09 17:03 |  ■北海道・東北の温泉
北海道温泉行脚 ~06~ 和琴半島公衆浴場
c0055515_21270615.jpg
川湯ホテルプラザをチェックアウト後は、よい天気になったため屈斜路湖畔をぶらぶら。
そのときにやってきたのが和琴半島だ。

和琴半島は、屈斜路湖の南部にあり、もともとは古い時代の火山島だという。
ここは地熱で局所的に温暖なため、道内には見られなくなったミンミンゼミが生息しているらしい。
そう聞くと、なんとなく他所に比べなんとかくあったかい気がするから、
感性なんて適当(流されやすい)なんだよなー、と思った。
(でも、今でも、たぶんあったかいのは本当な気がしている)

それはさておき、和琴半島は一周約2.5キロの自然探勝路も整備された風光明媚な地。
もちろん、温泉もあるのだ。





ということで、温泉へとずんずん進んでみた。
[PR]
# by eratomoeratomo | 2015-04-28 07:14 |  ■北海道・東北の温泉
北海道温泉行脚 ~05~ 屈斜路湖 池の湯
c0055515_19135767.jpg
早起きは三文の徳とは良く言ったもので、
確かに朝早く起きれば、誰もいない風呂でのんびり貸切、なんて状況を満喫することもできる。
もちろん時折、自分たちよりずっと早起きな先達の方々が、のんび~りしていることは、まま、あるが。

「早起き」した悪友と二人、早朝の朝練ですっかり冷え切った体を癒すべく、屈斜路湖畔の池の湯に向かった。




朝一の池の湯へ・・・
[PR]
# by eratomoeratomo | 2015-04-27 07:04 |  ■北海道・東北の温泉